小雀建設の特徴

地域貢献企業

小雀建設では年に6回、国道一号線の中央分離帯の草刈りやゴミ拾い等の清掃活動を社員がボランティア活動を行っております。このほか、様々な活動に対して、「横浜型地域貢献企業認定 最上位」を取得しています。

当社創業50周年記念事業の一環として辻堂海岸の防砂林用苗及び竹柵を神奈川県に寄贈、また地元戸塚区民の要請がありました時計台(東戸塚駅ロータリーに設置)を横浜市に寄贈し、地域に根ざした活動を実施しております。

目に見えないところでは、地域で有事が発生した際にはライフラインの確保を図るため、社員を招集しライフライン復旧活動にあたることができるよう資材等を備蓄するとともにマニュアルを策定整備し有事の際のシミュレーションを定期的に実施しています。